2015年1月12日 最終ゴールを見据えつつショートゴールに向かう

新年度が始まりました。
いま決算処理をしていますが、昨年度の成績は素晴らしいものとなりそうです。
皆で頑張った成果です。ありがとう。あらためて感謝します。

2015年の目指すべき方向は経営方針で伝えさせて頂きました。
皆で作り上げていくこの会社は、ますます「良い会社」に向かって成長を続けて行きます。

日曜日は月曜日の準備をする日、仕事のうちなどと言うこともありましたが(仕事の休みは、ちゃんと仕事以外のことをしましょう)、ある意味あっているところもあります。

翌日からのパフォーマンスを上げられるかどうかは、前日にかかっています。健康状態や準備、段取り、頭(気持ち)の切り替えかもしれません。
どんな一流のアスリートであろうと、本番前にはウォームアップアップをします。いや、一流だからこそ、プロだからこそ、しているのです。

電話対応も、挨拶も、「相手」に何かを伝えています。1つ1つの丁寧な対応の積み重ねが、お客様に伝わるのです。いつもお役立ちの気持ちを持って丁寧な対応を心がけると、きっとその気持ちは伝わっていきます。

すでにスケジュールがたくさんあり、本当にありがたく、うれしい事です。長期の仕事は、あえてステップを作って、段階的に進めていけるような工夫があると良いですね。富士山は○合目、マラソンは○km地点や、エードステーションなどがあります。工夫によって、達成感や楽しさを増やす、これもプロフェッショナルの技だと思います。最終ゴールを見据えつつ、足下も見ながら、通過点に設定したショートゴールに焦点を合わせて進むのです。

「忙しい」と追い込まれているときは、その原因がぼんやりしていることが要因であることが多いです。忙しい原因である、やることの整理、整頓、順位付けがなされていれば、どれだけ沢山あったとしても、忙しいという気持ちに焦らされることはありません。適正なインターバルも入れて、超多忙な数ヶ月だったけど海外旅行も行ってこれた、ぐらいの、心の余裕を感じられるようなスケジューリングが理想ですね。


今年も、良い会社にするために、お客様や社会に役立つために、お客様と我々の「存在価値」を高めるために、前に前に進んでいきましょう。

井上竜一郎

コメント

このブログの人気の投稿

グーグルグループのメーリングリストの返信先が個人になってしまう

Googleカレンダー埋め込みの詳細をメモる。

Outlook 署名の移行ができたのねの巻