自信と安心をもってお客様に接すれば 2015/10/21

難しくて即答できないときでも、笑顔で「持ち帰って考えさせて頂いてよろしいでしょうか」と答えましょう。なぜなら、「できないと言わない」のがインプラスにおけるプロフェッショナルの定義だからです。また、仲間と協力して問題解決するのは、会社が複数の人で成り立っている意味そのものです。難しい課題や困難があっても仲間と協力すれば解決できる、という自信と安心をもってお客様に接すれば、ちゃんとそれが伝わりお客様にも安心感を持って頂けます。訪問時はその大きなチャンスです。「お客様に貢献できることを1つ持ち帰る」という意識、VeryGood!です。

リモート操作やクラウドなどは、CSアップや生産性アップなど、お客様と我々の両者に価値をもたらす、無くてはならないものになっていますね。ネットも、ソフトも、システムも、あくまで道具であり、いかに上手く使えるか、活用できるかは重要です。CW社がプレステでビデオ会議システムを提案したように、世間一般でやっていない思わぬ使い方が高い効果を生み出すことも少なくありません。思考の枠を取り外し、課題や目標を達成するためにできることは何でもやってみましょう。

製品の動作テスト、動作保証は、お客様に安心してお使い頂くための重要な仕事の1つです。また、高品質戦略と同じく、突発するトラブルの回避によって割り込み仕事が減り、私たちにも価値があります。安心を買って頂けるようにしっかり準備しましょう。
デモもできる限り手間なく行えるように、どんどん工夫を重ねて行けると良いですね。「マニュアルいらず」が私たちが作るシステムの目標ですから、だれでも試用版の導入や操作ができることを目指しましょう。お客様、販売会社、私たちにメリットがある3方よしになります。

コメント

このブログの人気の投稿

グーグルグループのメーリングリストの返信先が個人になってしまう

Outlook 署名の移行ができたのねの巻

Googleカレンダー埋め込みの詳細をメモる。