PlayScalaでのWebアプリケーション 作成

Play Scalaでアプリケーションを作る際は、Playコマンドを使います。

・作成
Play Javaで作成
$ play new testPrj1 play-java

Scala で作成
$ play new testPrj1 play-scala


・アプリケーションの実行
$ cd testPrj1
$ play run


・アプリケーションのクリーン
 プロジェクトのソースファイルを修正した時などに使います。
 フォルダに残っているゴミがクリアされます。
$ play clean


・アプリケーションのコンパイル
 コンパイルのみで実行しない時に使います。
$ play compile

コメント

このブログの人気の投稿

グーグルグループのメーリングリストの返信先が個人になってしまう

Googleカレンダー埋め込みの詳細をメモる。

google ドライブが windowsのエクスプローラーで検索できない!?