新年の目標設定を更新してみよう 2013/1/14


お疲れ様です。

2013年は、早くも半月が経過しました。

本日1月14日は成人の日、各地雪や雨の中、成人のお祝いがあり、多くの若者が成人となりました。
成人とは自分で責任を取る人。それまでは親や地域社会などの保護下にありった子供が、「人に成る」のですね。
20歳になったらすべてに責任を持つのです。ただし、大人になったのではありません。大人になるための学びの第一歩だと思います。

30歳、40歳になって、責任を持たず、問題の原因を自分以外にのみ求め、無責任な思考や、発言、態度、行動をする人は少なくありません。大人になるための意識、学び、実践、をせず、気づきも経験も足りない人は、周りの人の迷惑になります。なぜなら、年齢相応の経験を積み、人に教える立場になっていかなければならないからです。大人とは、言葉、態度、行動、すべてにおいて、人に教える人です。新成人たちは社会に出て、「我々先輩」の背中を見て学び育ちます。会社こそが、最終学歴、最終の学びの場です。その場における先輩である我々は、この成人の日を迎えて、気を引き締め、あらためて自分を見る必要があると思います。

さて、年初に立てた目標はどうでしょうか。すでに目標に向かって取りかかっていることと思います。
違和感が出てきたり、目標としてもうひとつであるならば、修正していきましょう。特に、「具体的でない」目標設定は、できる限り数値や期日を設定して具体化します。中には数値化できない目標もありますが、それを代弁できる数値目標に切り替えることが達成への近道です。
また、「達成のための手段・方法」を目標にしてしまっているケースもありますから、ちゃんとゴールを設定して下さい。こうなったら目標達成と「だれもが同様に判定」できるものが良い目標設定だと思います。

去年の目標と達成状況をもういちど振り返り、新たに立てた目標を改めてチェックし、達成がわかりやすい良い目標に書き替えて下さい。いまいちわかりにくい人は相談に乗りますから申し出て下さい。良い目標設定ができるようにアドバイスしますから、一緒に考えましょう。

1年の目標と共に、3年後、5年後も考えておきましょう。本来ならば、5年後か10年後の目標や成りたい姿を描き、3年、1年とブレイクダウンしていくのが理想です。決められない、という人も、毎年変えて良いと言われたら楽に考えられると思います。毎年成長するのだから、変わって当たり前なので、安心して下さい。

5年後や10年後の自分の状態をイメージしてください。

・あなたはどうなっていますか。
・どうなっていたら嬉しいですか。
・まわりのひとや環境はどうでしょうか。
・どんな問題、壁をクリアしていますか。
・だれにどのように役立っていますか。
・だれを幸せにしていますか。
・どんな風に成長していますか。
  :
  :

夢、目標、ビジョンを描くことは、幸せに生きるためにとても重要なことです。
描いてみると始めてそれがわかります。

1月のうちに、しっかりと今年の年末の自分や、5年後、10年後の自分の状態を描いておきましょう。
間違い無くより幸せになれるし、存在価値も高くなっているでしょう。

井上

コメント

このブログの人気の投稿

グーグルグループのメーリングリストの返信先が個人になってしまう

Googleカレンダー埋め込みの詳細をメモる。

google ドライブが windowsのエクスプローラーで検索できない!?